タクシーの定期券について

気付けば8月も今日で終わり・・・今年の夏も暑かったですね。

 

鰻を食べてスタミナを付ける前に、鰻を食べきるスタミナがなくなってきたアイマッチング営業担当です。

今日は、「タクシーの定期券」というなんとも聞き慣れない話題についてお知らせしていきます。

 

この度、国土交通省はタクシーにおいて、電車やバスで使う定期券に近いシステムを導入する方針を決めたのです。

 

理由は、以下の2点。

・免許返納をした高齢者などの「足」としてより利用しやすいように

・タクシー業界をより活性化させるために

 

もちろん、利用時間・エリア・期間などをしっかりと決めた上で、定額で利用できるようにする、という話のようですが、これは画期的だと思います。

 

そもそも、近年は高齢ドライバーの方々の事故が後を立たず、免許返納を促す動きが強まっています。

 

しかし、代わりの交通手段として電車やバスは決まった区間しか走行していないため、住居エリアや行き先によっては網羅されていないこともあるわけですね。

 

国交省としては、「タクシー定期券」になり得る制度の導入で、1回あたりの利用料金を抑えることで、日常的に利用できるようにする狙いがあるようです。

 

タクシーを日常的に・・・

 

なんだかリッチな感じがするかもしれませんが、エリアによって、地元に根付いて走行をしているタクシー会社も多く、生活シーンの「足」として、最も使い勝手が良いのもまた事実なのです。

 

・高齢者の方の通院や買い物

・学校や塾など決まった場所への子供の送迎

・仕事場など固定の場所への繰り返しの移動

 

これらは全て、その人にとっては日常生活から切り離せないものです。

国交省は、こうした利用者にもタクシー定期券が使えるよう検討を進めているようで、既に18年度に実証実験を行うことを経て、19年度には実用化を目指しているとのこと。

 

課題としては、道路運送法に基づいて、走行エリアや料金規定などが明確に定められているため、どのような形で対応するのか、ということでしょう。

これについては、今後の流れを注目していく必要があると思います。

 

そして、このニュースを見て思ったことが3つあります。

・タクシーは電車、バス同様、公共交通としてのポジションを認められている交通手段であるということ。

・タクシーの利用者や利用シーンは、どの交通手段よりも明確であること

・タクシーが移動媒体として、公共的に改めて注目を集めていること

これらを概して見ると、アイマッチングが提供している「タクシー広告」って、

ターゲットが明確でセグメントがしやすい媒体だと思いませんか?

 

こうしたタクシー定期券が導入されるようなエリアでは、まさにシニア向けの広告であったり、そのエリアに特化した訴求が圧倒的に強いでしょう。

 

都心のタクシーであれば、ビジネスマンや経営者・管理者層への訴求はもちろん、先述した通り、病院に乗入しているタクシーなどに関連性の高い広告を出すことも出来ます。

 

かたや、移動媒体という話をしましたが、タクシーの1日の走行距離は約300km!一ヶ月で9000km!!

 

ラッピングや行灯広告のような媒体では、この走行距離を存分に発揮し、広いエリア性と強いインパクトを兼ね備えた訴求が実現出来ます。

 

要は、タクシーって色んなことに使えるのです。

 

私たちは、タクシー広告を通した社会貢献はもちろん、タクシーという乗り物自体が、もっともっと日常の様々な切り口で活躍できるのではないかと考えています。

 

決まった区間を往復する電車・バスとは一味違う、目にした人すべてを巻き込むスケールの大きな力を秘めていると思います。

 

タクシー広告を通して、タクシー業界に携わるアイマッチングだからこそできる社会貢献をこれからもしていけるよう尽力してまいります。

 

あっ・・・ついつい熱くなってしまいましたね。

暑い夏はもうすぐ終わるのに・・・。

 

そんなわけで、「タクシー定期券」、気になりますね。

新しい情報がわかりましたら、またお知らせしていきますので、

ぜひチェックしてみてください。

 

そうそう、前回の記事でお話したタクシーの行灯。

みなさんは変わった行灯を見つけましたか??

見つけたらどの地域でどんな行灯があったのか教えてくださいね!

 

タクシー広告が気になった方は、以下にお問い合わせを。

アイマッチング株式会社

TEL:03-6434-9415/FAX:03-3497-0040

もしくは、ホームページの「お問い合わせ」より。

タクシー広告紹介コーナー~車外向け媒体編~

タクシー広告と言えば、アイマッチング!

 

アイマッチング営業担当です。

前回の記事では、車内向け媒体の紹介をさせて頂きましたが、今回は車外向けの媒体を紹介していこうと思います。

この記事では、タクシー広告にどんな種類(媒体)があるかを紹介していこうと思います。

【車外向け媒体】

◎車外向け媒体は、タクシーの移動力を最大限に活かし、街中の人に大々的に訴求することが出来る。

◎24時間365日走行しているので、他の交通広告にはない夜間の訴求も可能で、決まったエリアしか走らないということもないので、インパクトも大きい。

◎1日約300キロを走行する移動媒体で他にはない広告展開が出来る。

ラッピング

最近は、電車やバスでもラッピングした車両を見ることが多いですよね。私の住んでいる私鉄の路線は、昔、漫画家が多く住んでいたこともあり、アニメのラッピングなども多いです。

さて、タクシーのラッピングとはどんなものか?

・車両の前後左右のドア4面をフルに使いラッピング

・歩行者、ドライバーの両面に大規模に訴求が出来る

・バスや電車のラッピングと比較し、費用もリーズナブル

電車やバスの方が大きいし、インパクトもあるというお話もよく聞きますが、

決まった区間を走る両者は、見る人は見るけどそうでない人は見ないという状況に陥りがちです。

その点、タクシーは決まった営業区域内ではあるものの、その区間を縦横無尽に走行しており、多くの人に見てもらうことが出来るのです。

また、歩行者の目線で走行しているため、スマートフォンなどで写真に収めやすく、話題性の喚起やSNSへの波及効果も大きく期待できるのが特徴です。

②行灯

これはタクシー広告ならではの媒体でしょう。

タクシーの車体の上についている電気(提灯みたいな形をしたやつですね)を大きな広告面に出来てしまうというものです。

海外では、タクシーの行灯を広告面にするのは結構普通のことだったりします。航空会社やマスメディアなど大企業も利用しています。

日本では、まだまだ事例は少ないですが、こんな使い方も出来るのです。

・主要駅の乗り入れが多いタクシーを選んで、自社商品の行灯をつける

・東京中にラッピングタクシーを走らせ、大イベントや新発売の商品の訴求を集中的に行う

もし、夜、大きな駅のロータリーに自分の会社の商品の行灯が搭載されたタクシーが何台か並んでいる景色を想像したらワクワクしませんか??

まだまだ、見る側も見慣れていないので、「他と違う広告を出したい!」というケースにも最適です。

ちなみに、広告ではなく本来のタクシー会社の行灯にも色んなものがあります。

犬やカエル、鹿など動物が描かれているタクシー会社の行灯もあれば、社名や料金が書いてあるようなものまで様々です。

なかなかデザイン性に富んでいて楽しいので、是非色々見てみてください!

リアステッカー・リアラインステッカー

ステッカーと言っても、ドアガラスに貼るステッカーとは違い、後部座席の後ろ、リアウィンドウに貼る点が特徴です。

・ドライバーに向けた直接的な訴求が出来る

・歩行者に目線の高さで大きなステッカーを用いて訴求が出来る

タクシーはもちろん、電車やバスの車内ステッカーって大きくないですよね。

このリアステッカーは、通常のステッカーよりも大きなサイズで掲出出来る(エリアによりサイズは応相談です)ため、インパクトが大きいです。

皆さんも見たことないですか?タクシーの後ろの窓に貼ってある何かのステッカーを・・・?

街中を走らせ大々的に訴求するような方法から、地元の駅に乗入しているタクシーを集中的に選んで、その中で大きなインパクトを残す方法も選択できます。

リアラインステッカーの様に、大きさよりも視認性のよさを求めることもでき、ニーズやご予算に合わせて効果的な訴求が実現できます。

さいごに

今回は、タクシー広告の中でも、外向けの媒体を紹介していきましたが、百聞は一見にしかず!実際にどんなものかを見て頂くのが早いかもしれません。

また、今後の更新で「事例集」になるようなものも、どんどんアップできればと思っておりますので、ご期待ください。

それまでは、まず皆さんの目で、色んな行灯やラッピングを見付けてみてくださいね!

そんなタクシー広告が気になった方は、

アイマッチング株式会社 03-6434-9415 までお問い合わせください。

特に、外向けの広告(特にラッピングや行灯)は屋外広告物の申請が必要で、どのようなものが出せるのかなど、ご質問いただければと思います。

どんな小さなご質問でも結構です、お気軽にお尋ねください!

タクシー広告紹介コーナー~車内向け媒体編~

タクシー広告と言えば、アイマッチング!

 

アイマッチング営業担当です。

この記事では、タクシー広告にどんな種類(媒体)があるかを紹介していこうと思います。

【車内向け媒体】

◎車内向け媒体は、基本的に乗客に1対1で訴求することを目的としています。

◎他の交通広告とは違い、個別空間で独占的に視認してもらえることがメリットです。

リーフレット

助手席の後ろにケースがあり、乗客の目線に合わせて訴求できる媒体です。

リーフレットは、「持ち帰れる」ことが一番のメリットで、直接的な問い合わせに繋がることが期待できる媒体です。

見たことある方も居るかもしれませんが、あのリーフレットってよほど興味がないと持ち帰らないですよね??

よく「タクシー乗っても、あの広告持ち帰らないんですよね~」と仰って頂くことが多いんですが、まさにその裏返しがリーフレット広告の特徴なんです。

消費部数(持ち帰った人)は、検討確度や購入意識が高く、そのまま潜在的あるいは直接的な顧客になる可能性が高いのです。

消費部数がわかるだけでなく、リーフレット専用のフリーダイヤルを付けたり、QRコードを付けたり反響を測定しやすいことも広告媒体として魅力です。

広告を出すときに、成約単価・集客単価が分からずに掲出を続けることは会社・店舗にとって非常にリスクが高い行為です。

目に見える反響と確かな効果を感じて頂くにはオススメの広告媒体です。

・地元のエリアを走っているタクシーだけでしっかり訴求

・東京都内全域に大々的に訴求

タクシーなら地元エリアの規模から大掛かりの訴求まで自由にプランニング可能です。

ビジョン(サイネージ)

タクシーのビジョン広告は、他の交通広告のモニター・サイネージとは完全に違う点があります。

それは、個別空間でその乗客だけに見てもらえることです。

電車は乗車位置により視聴出来ないことも多いですし、駅などにある柱のサイネージは、殆どの人が歩きながら見るものです。

タクシーは、乗客が移動することはないですし、目線の高さで放映されるので、乗車人数=視聴人数として、訴求効果が掴みやすいことが特徴です。

また、トレインチャンネルやPR用の動画などを転用頂くことも可能なので、既に広告動画やPR動画をお持ちの場合、制作の手間も掛かりません。

現在、都内で1,200台、1都3県で2,000台以上の提携タクシーで弊社モニター「eyevision」を搭載しています。

タクシー1台の平均乗車数は1,050人/月なので、1ヶ月に200万人以上への大規模な訴求も実現できる媒体です。

サンプリング

近年、主要駅や繁華街でのサンプリング実施が難しくなったとよく聞きますね。

そして、サンプリングは配布員により効果が大きく左右されてしまう。

タクシーのサンプリングは、そんな悩みを同時に解消できるのです。

清算時に、乗務員から手渡しする形式になりますが、乗り降りする場所や乗客の性別、年齢層もターゲティングした上で配布することが出来るのです。

大衆商品から地域や顧客層を限定したい広告展開まで、様々なシーンで活用できます。

そして、もう一つの利点が、利用金額や期間に融通性が強いことです。

他の媒体は、「広告掲出」となるため、月単位・1日からスタートなどの決まりがありますが、サンプリングは部数に応じて料金が決まりますし、〃部数でも多くの台数で集中して配布したり、少ない台数でじっくり配ったりも出来るます。

予算や期間などニーズありきで展開してもらいやすい媒体と言えます。

配布出来るものは、一般的なティッシュから自社商品、ノベルティなど幅広くご検討頂けます。もらってインパクトのあるものであれば、SNSへの波及効果なども期待できます。

ステッカー

タクシーのステッカーはよく見ると思いますが、大きく分けて2種類あります。

一つは、ドアガラス(車窓)のステッカー。

こちらは乗客が窓の外を見たときに自然と目に入るものですね。

他の広告媒体と違い「ふと見てもらい印象に残す」という認知広告の意味合いが強いので、これまでもラジオ番組やCDリリース、書籍などでご利用頂いております。

もう一つは、リアウィンドウのステッカー

こちらは、リアウィンドウに大きなステッカーを貼るものですが、街中を走るタクシーだからこそ、縦横無尽に訴求をしてくれるのです。

皆さんも見たことありませんか?某ドリンクのステッカーを・・・。

後ろを走行しているドライバーに向けた商材はもちろんのこと、

駅などに乗り入れて停車しているタクシーにステッカーがあると非常に効果的な訴求が実現出来るのです。

1日に300キロ前後も走行するタクシーの特性を最大限に活かした媒体と言えるでしょう。

まとめ

今回は、タクシー広告の中でも、車内向けの種類(媒体)をご紹介しました。

こうして見るだけでも、タクシー広告って面白いですよね。

タクシーに乗る人ってどんな人か想像しやすいと思います。

だからこそ、訴求できる対象が明確で、効果を発揮しやすい媒体なんです。

そんなタクシー広告が気になった方は、

アイマッチング株式会社 03-6434-9415 までお問い合わせください。

どんな小さなご質問でも結構です、お気軽にお尋ねください!

タクシー広告のご紹介

タクシー広告の事ならアイマッチング株式会社にお任せ下さい。

東京・神奈川・千葉・埼玉の関東圏を中心に全国20,000台のタクシーと直接提携をしております。

 

タクシー車内にモニタを設置し、映像広告を放映するビジョン

弊社専用のケースをお客様の目の前に設置しハガキサイズの広告を用意するリーフレット

 

その他、タクシーのドアラッピング広告リアステッカーサンプリング等、様々な媒体をご提案しております。

お気軽03-6434-9415にご相談くださいませ。