雪とタクシーと・・・

こんばんは、アイマッチング営業担当です。

東京では、久しぶりに大雪が降っていますね!

不要不急の外出は控えて・・・なんてニュースでは言ってますが、

なかなかそんなわけにはいかず、皆さん傘を持って出勤されたのではないでしょうか?

そんな私も、先程、外出先の表参道から青山一丁目まで帰ってきましたが、

16時頃だというのに、多くのサラリーマンの方々が家路を急いでいました。

外苑東通りでは、タクシーを待つ人、雪で空車かわからず実車中のタクシーに手を上げる人も・・・。

「東京は雪が降る」という予報が出るだけで、電車が遅れたりしますし、

実際に今日のように雪が降ると5センチ積もっただけでも、電車の遅延を知らせるメールがスマホを賑わせます。

そんな時、やっぱりタクシーに乗る人は増えるものですね。

タクシーの良いところはなんといっても個室空間。

寒いし、濡れた状態で目的地まで扉が開くこともなく暖かく過ごせて、

「これでようやく帰れるな~」とホッとするものだと思います。

そんなリラックスした空間で目にするのがタクシー広告だったりします。

普段気になっていたけど、なかなか調べる時間もなかった。

こういうときでないとタクシーに乗らないけど、こんな広告が出ているんだ。

色んな角度から、リラックスした状態で誰にも見られずにその広告を凝視することが出来るんですね。

だから、タクシー広告からのお客様は、購入確度が高かったり他の広告と違うタイプのお客様が多かったりするんです。

雪が降って慌ててタクシーに乗ったときだからこそ、

車内で温まり落ち着いたときには、じっくりと広告を目にするかも知れません。

そんなタクシー広告は、対象者に1対1で訴求するものから、サイネージ広告のように、幅広く高所得者に訴求できるもの、ラッピングなどの外向けの媒体のように街中に目立たせることも出来ます。

ご興味を持った方は、アイマッチング株式会社 03-6434-9415 まで!

ちなみに筆者は、何年かに一度雪が降ると、

雪に埋もれかけて光っているタクシーの行灯を見るのが大好きです。

かまくらの中に光が灯っているようでなんだか和みます。

え?これって、私だけ!?きっとそんなことはありません(笑)

何はともあれ、数年に一度の大雪ですから、

タクシーを使う方も電車や徒歩でご帰宅される方も、

くれぐれもお怪我なきよう、気をつけてご帰宅ください。