そもそもタクシー広告とは?

タクシー広告はその名の通り、タクシー車内を
中心に展開する広告です。一口にタクシー広告と言っても、
様々な種類の広告があります。例えば、車窓に貼るステッカー、
車内に設置するリーフレット、最近では後部座席に設置できる
デジタルサイネージを利用した動画広告などがあり、
目的に応じた広告展開が可能となっています。

タクシー広告のメリット

メリットはたくさんありますが、代表的なメリット3つを紹介致します。

メリット1

タクシー車内という閉鎖空間なので自然と広告を見てくれる。
車内では手持ち無沙汰になりやすいため、自然と広告に目が行きやすいです。
動画広告などはさらにその効果が高く、テレビCMよりもコストが抑えることができ、
CM時間も調整が可能なので、商品のアピールにはうってつけです。

メリット2

ユーザーに富裕層が多いため、広告で購買意欲を沸かせると利益につながりやすい。
タクシーに乗る人はお金を持っている方が多いです。そういう方に購買意欲を掻き立てる
ような広告を見せることができれば、一般の方よりも購入してもらえる可能性が高まります。

メリット3

乗車時間が長いため、じっくりと商材をアピールできる。
タクシーの平均乗車時間は15分から20分程度といわれています。
この時間、広告を見せることができるわけですから、普段は時間の都合上
アピールしきれない点を伝えることができるようになります

タクシー広告のターゲット層

クリニックの宣伝や教材など詳しい説明が必要な商品、
高級不動産の紹介など富裕層や経営者向けのサービスが特に向いています。

経営者に向けて

シニア層に向けて

主婦に向けて

タクシー広告に関するデータ(東京エリア)

タクシー広告がどのような層に利用されているのかをご紹介いたします。
お客様が掲載したい広告がターゲットと合致しているかご確認ください。

乗車に関するデータ

月間乗車人数約
1050人/台

平均乗車時間約18分間

利用時間帯

| 夜の印象が強いですが、実は日中の利用がほとんどです

  • 6-12時 / 22%
  • 12-18時 / 34%
  • 18-22時 / 24%
  • 22-翌6時 / 20%

1乗車の平均支払運賃額

| 78%の方が約3km(1001円)以上の距離をご乗車になります

  • 410円以下 / 0.6%
  • 490円~1050円 / 20.4%
  • 1130~2019円 / 36.3%
  • 2019円~5050円 / 27.2%
  • 5130円~9050円 / 7.2%
  • 9130円以上 / 7.5%

生活レベルの高い、ミドル層・シニア層がメインターゲット年齢層

| 30代~70代の年齢層で均等に分布しています

  • 30代 / 18%
  • 40代 / 20%
  • 50代 / 21%
  • 60代 / 19%
  • 70代 / 19%
  • 20歳以下 / 6%

主な利用目的

|「通勤・商用」、「買い物」、「通院」等のシーンがあります

  • 通勤・商用 / 37.6%
  • 買い物・飲食店の送迎 / 28.1%
  • 通院 / 13.2%
  • レジャー / 6.6%
  • その他 / 13.8%
  • 無回答 / 0.7%

タクシー広告の将来性

近年急速に進化している自動運転の技術により、
車内でできることの幅が広がっていくことが予想されます。
アイデアとしては窓全面に広告を出したり、
3D動画を流したりとその可能性は幅広いです。

いかがでしたか? タクシー広告を採用することで宣伝効果のアップが期待できます。
導入を考えておられる方や、すでに採用していて、
他の媒体でも展開したいと考えられている方はぜひ一度お問い合わせください。